みかん畑で幼児教育

みかん畑で幼児教育

川遊びで幼児教育

みかん畑で幼児教育

幼稚園や保育園での遠足の一環でみかん狩りやぶどう狩りなど、自分で収穫できる場所に行くことがあります。単純にそれを収穫して自分で食べる事に意味があり、達成感や好奇心が生まれます。家にお土産として持って帰り、親が美味しそうに食べる姿を見れば、子どもは自分のことの様に喜びます。家族の絆が深まりますよね。親が喜ぶ姿は子どもの元気の源なんですから。可能であれば、そのみかんやぶどうを栽培しているかたの作業姿を見せてあげてください。例えば大事に収穫している姿をみれば、子どもはその果物を粗末にしたりはしません。自分が大切なものは大事にするのと同じように、栽培している人が大事にしているものは何かを子どもなりに理解するのです。そして実際に食べることでその姿が印象深く残ります。その様にして収穫されたものが、スーパーに並んでいるんということも教えてあげて下さい。当たり前のことを当たり前でないと思える心構えは大事なことですよね。

5歳という年齢は、自発性・意欲・協調性・自己コントロール力・我慢する力・競争心・人に対する思いやりという自立心が確立していきます。この頃は、心が成長していくとされている大切な1年になります。5歳児というと、小学生にあがる準備も始まってきますよね。友達との係わりの中から自分のプライドや競争心も発達していくので、頑張る・あきらめない・譲るなどの複雑な気持ちの変化も経験できてきます。また、5歳は後半に近づくにつれて自我の芽生えから突入した第一次反抗期も終息を向かえてきます。心の安定期というのも、5歳児では訪れます。友達関係も充実していくので、喧嘩もありますが、みんなで仲良く遊ぶ楽しさをたくさん経験していくでしょう。そして、少しの我慢ならできるようになるので自己コントロール力や協調性が著しく発達していきます。この頃になると、変化するとされているのが、遊びといいます。単なる遊びと幼児教育的な遊びがありますが、ルールを作って遊ぶことが楽しくなり、今までしていた遊びにも独自のルールや決め事を作ったりします。

スマートフォン市場でドコモとソフトバンクに大きく差をつけられていたauの逆襲が遂にはじまりましたね。 auのスマートフォンの売りは、赤外線通信やワンセグなどの独自の進化を遂げた日本のいわゆる『ガラパゴス携帯』の機能を残し、ユーザーに今まで通りという安心感を与えることのようです。確かに人間はまったく新しいものに対しては少なからずストレスを感じるので、戦略としてはおもしろいのではないでしょうか。 ウェブもものすごい進化のスピードが早いのですが、ユーザーがストレスを感じない程度に新しくなっていくのが望ましいのかもしれません。CSという言葉をご存知でしょうか?お客さんと直接やりとりする仕事なら必ず出てくるような言葉ですが、これは「カスタマーサティスファクション(顧客満足)」を略した言葉です。 「CS」はどんな職業でも必ず考えなければいけないことで、当然ですがウェブサイトを制作する際にもこの「CS」は考慮していきます。インターネット上でのCSは難しく、「実際にはそこに無い」ものを表現して満足度を満たせるようにしていかなければなりません。 そのためにはデザイン、配色、写真、文章などほとんど全ての要素をうまく組み立てていくことが必要になってくるのです。 現在、インターネット上ではユーザーのニーズは非常に多種多様になってきています。

絵画販売ドットコム