車のラジコンで幼児教育

車のラジコンで幼児教育

川遊びで幼児教育

車のラジコンで幼児教育

4歳か5歳くらいの男の子が車のラジコンで公園で遊んでいる姿を見かけた事があります。最初は何も無い所でただ走らせていただけですが、次に見た時にはそれなりに大きな石をどこかから拾ってきて障害物のように置いてそれを避けながら走らせ、いつの間にか小さな石を直線に並べて駐車場の様にしているのでしょうか、常に止まる場合はそこに操作して止めるようにしていました。ただのラジコン遊びかもしれませんが、幼児教育に必要と考えられる想像性や表現力、行動力が養われているのだろうとこの男の子に感じました。障害物に合わせて避けるための操作能力、想像と行動の連携、駐車する場所は何処にするのかなど、自分の頭の中を具現化しているのです。自分の思った通りに操作できるという時点で、ラジコン遊びは自由な発想や行動を生む事ができる良いものだと考えていましたが、この男の子のようにその先のステップもあるんだなと気付かされました。たかがラジコンされどラジコン。。。。

離婚に伴う慰謝料には、離婚原因となった個別的有責行為(不貞行為や暴力等)によって精神的苦痛を被ったことに対する慰謝料と、相手方の有責な行為によって離婚をやむなくされ精神的苦痛を被ったことに対する慰謝料があるとされています。 前者は離婚原因慰謝料であり、後者は離婚自体慰謝料です。 ただ、実務的には離婚原因慰謝料と離婚自体慰謝料を明確に区別することはあまりなく、個別的有責行為の発生から離婚に至るまでの一連の経過を一つの不法行為として、これによる精神的苦痛を賠償するものが一般的な離婚の慰謝料と言えるでしょう。

パレートの法則とは・・・経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説。ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。というのが、一般的な見解のようですが、個人的には、売上げに貢献しない、8割の顧客を増やせば、結果的に売上げに貢献する2割の顧客も増えていく。のでは?と思ったりします。昔、高校の時の教師で「強いチームは補欠も強い」っという旨のことを言っていたのですが、逆を言えば、「勝利に貢献する一部のレギュラーばかりを育てて、補欠をないがしろにするチームは弱い」ということになります。ホームページを見るときはどこから見られますか? 統計を取ってみると、「F」と言う字を書くように見る方が多いという結果になったようです。 ですので、このFという字を意識したサイト作りをすると、パッと見たときにどういうサイトなのかが伝わりやすくなり、よく見ていただけるようになります。 メニューなどは、Fの最初の棒線もしくは、たての棒線に入れると全部見ていただきやすくなり、あぁこういうことやってるのか、と思ってもらえるようになります。 逆に右下に重要な項目を置いておくと、見過ごされやすくなります。 人間のパターンを読み解いていくと、自然とサイトの型は出来てくるんだなと思います。